本日 30 人 - 昨日 37 人 - 累計 73510 人 サイトマップ
  • まずはご連絡を!
  • 大きな声で言わないだけで
    幅広い年代の多くの方々が
    ご利用なさっています(^^)/
  • 完全予約制
  • 他の会員様やご相談者の方と
    顔を合わせない様に又、お見
    合い等で不在の場合もございますので、必ず事前にご予約をお願いいたします。
  • Profile
  • プロフィール画像
    kilala
    血液型:A型
    出身地:佐賀県
    職業:サービス業
    >>もっと見る
  • Mobile QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。

kilala‐story

  1. HOME >
  2. kilala‐story
第32章 期限
結婚はいくつになってもできます。
うちの会員さんも20代~60代までと幅広く、50代でも60代でも成婚
されています。年齢や婚歴等々は関係ありません。
しかし、ひとつだけ期限があるものがあります。それは「出産」です。
お子さんが欲しい・産みたいと願われている女性は、いくつになっても
とはさすがにいきません。
男性もお子さんが欲しいと希望されている方は、年齢がお若い方をと
言われることもあります。
授かりものですので、若いから絶対に授かるという訳ではありませんが。
まだ大丈夫だろう、もう少ししてからでいいだろうではなく、
「もっと早く動いていれば」と後々後悔しないように、お子さん希望の
女性は特に早く動かれるほうが得策です。
是非、勇気を出して一歩を踏み出してください! ~kilala~

第31章 メリット・デメリット
先日「結婚のメリット・デメリットって何ですか」と質問を受けました。
う~ん、、、、結婚って本来 メリット・デメリット を考えてするもの
ではないのではないかと。そんな風に考えて結婚すると、結婚後相手に
見返りを求めてしまうようになるのでと思います。
   「私はこんなにもしてるのに、してあげてるのに」と。
家族であり同志であるパ-トナ-に見返りを求める。これを続けている
と揉め事が多くなります。些細なことでもトラブルになるようなことに。
互いを尊重し、認め合うことに重きを置く。夫婦は対等な関係です。
数日前にテレビ番組であるお笑い芸人さんが言っていたことに凄く共鳴
しました。芸人のコンビ間のパワ-バランスについて。
”5対5”が”5×5=25”で一番強固だと。4対6(24)でも7対3(21)でも
どんな組み合わせでも、5対5(5×5=25)にはかなわない!!
夫婦も同様です。見返りを求めるような見方・考え方ではなく、相手を
尊重し認め合う、相手のいいところを見るような見方をすることです。
それが結婚。と思って活動をしていってもらいたいです。
質問の答えにはなっていませんね。。。(^_^;)   ~kilala~

第30章 結婚相談所
あらためて、結婚相談所についてお話します。
結婚相談所といっても、システム等は個々で様々です。
きららは"1対1のお見合い"のみでパ-ティ-等は一切行っていません。
プライバシ-保護の観点からプロフィ-ルのネット公開も全く行って
いません。このやり方は地道ではあるかも知れませんが、自信と信念を
持ってやっていますので、今後も変わることはありません。
いろいろな相談所と提携しパ-ティ-等を主に行っている相談所や
スマホやパソコンを使って自由にお相手のプロフィ-ルを閲覧したり
お申込みをしたりという相談所もあります。
料金も様々で、入会金・月会費・年会費・お見合い料・成婚料等々
違いがあるので、自分に合った相談所をしっかりと選んで活動される
ことが重要です。
プライバシ-がきちんと保護されているか。
プロフィ-ルに偽りはないかということも重要なポイントです。
数日前も結婚相談所で成婚した女性が夫殺害の容疑で逮捕されたと
いうニュ-スが全国を駆け巡りました。結婚しておきながら、それを
隠して結婚相談所で活動、お見合いをしていたという報道も。。。
当然ですが、既婚者は結婚相談所に入会はできません(-"-)
パ-ティ等で独身と偽って参加されてる方がいるというのを聞いた
こともあります。
きららは免許証や保険証の提出はもちろん、収入証明や戸籍謄本又は
独身証明書等もしっかりと提出していただき確認していますので、
プロフィ-ルに嘘偽りはありません。
こういう事件や報道で結婚相談所のイメ-ジが低下するのは心外です。
しかし報道が事実ならば「しっかりと確認せずに入会を承認している
ところもある」ということもまた事実です。
だからこそ、しっかりと判断し自分に合ったところで活動されること
を当たり前ですがオススメします。 ~kilala~

第29章 あいさつ
夫婦円満の秘訣!それはそれは単純なことです。
「あいさつ」をする。これだけです。
親・大人が子どもに対して「きちんとあいさつしなさい」と
言うのは当たり前のことで、皆さんそうでしょう。
では、夫婦間できちんとあいさつをしてますか?
というと、どうでしょう!?付き合いが、一緒にいる時間が、
長ければ長い程おろそかになっているのではないでしょうか。
「おはよう」「おやすみ」
「いただきます」「ごちそうさま」
「いってきます」「いってらっしゃい」
「ただいま」「おかえりなさい」
「ありがとう」「ごめんなさい」などなど。。。
毎日一緒にいるとケンカすることもあるし、イライラすること
なんてしょっちゅうです(^_^;)でもそれは当たり前のこと。
そんな中でも、きちんとあいさつを交わす。
うちはケンカ中でも嫌でもあいさつは交わすという約束です。
ちゃんと守っています。これは大きいことです!
結婚前のカップルでも同様だと思います。
是非、ためしに実践してみては(^^)/ ~kilala~

第28章 初めて
先週のお見合いもうまくまとまり交際へと入られました!(^^)!
お互いにニコニコと話されていて、すごく感じが良かったので
これはうまくまとまるなと思っていたら、互いに気に入られて!
女性は2回目のお見合い、男性は初めてのお見合いでした。
結構、初めてのお見合いでうまくまとまり、そのまま成婚へと
いかれる方も多いものです。数多くお見合いをしたからといって
確率が高くなるものではありません。中には10回20回と数多く
お見合いをされる方もいらっしゃいますし、その中で成婚された
方もいらっしゃいますが、大事なのは真摯に誠実にお見合いに
臨み、お相手と向き合うということです。
出会いはいろんな偶然の積み重ね。ちょっとでもタイミングが
ズレたら一生出会うことはなかったのかもしれません。ほぼ
奇跡的なことです。だからこそ1回目だろうが10回目だろうが
関係なく、この「ご縁」を大事にするという気持ちを持って、
目の前のお相手としっかりと向き合うということが大事です。
こういう気持ちを持たれている方は、初めてのお見合いでも
うまくまとまられる確率が高いです。

・ある男性の場合
1月に入会2月に初めてのお見合い交際へ7月に成婚卒業
11月に入籍・挙式&披露宴(^^)/ 1年以内。
こういうパタ-ンもちょくちょくあります!! ~kilala~

第27章 動く
良いご縁があり成婚された方々。振り返ってみますとやはり共通点が。
それは「動いていた」ということです。前回ご紹介した事例の女性も
いろいろと悩まれながらも「動いて」いました。動いていたからこそ
幸せを掴んだといってもいいでしょう。
動くとは、「動く=お見合い」ということです。
互いに了承した上でのお見合い。いくら自分が会いたいと思っていても
お相手が受けられるかどうかは分かりません。相手がいることですので
正直残念ながら100%お見合いができるとは断言できません。
自身で選ぶことはもちろんできますが、お相手に選ばれないと進まない
という現実もしっかり理解せねばなりません。
だからこそ、考えすぎないで会える時に会う。お会いして、しっかりと
お相手と話をし判断する。至ってシンプルです!
プロフィ-ルを見た感じでは "ピン"とこなくても実際に会ってみたら
意気投合し、そのまま 交際結婚へと進むことも結構多いものです。
確かにお相手に対しての条件はあって当たり前。しかしお相手に求める
条件が多すぎるのは確率を下げる一因になりますし、お会いすることが
できるのに、プロフィ-ルだけで判断をし続けるということは、その間
動きが止まっているということになります。

・動けばそのすべてが経験となり大きな波となります。
・その波に乗れば成婚への道が広がり確率が高まります。
              ◎動けば可能性は無限大に広がるのです!

☆成婚への近道!それは真摯に誠実に「動く」こと(^^)/  ~kilala~

第26章 逆転
1年半前、結婚の気配がない娘さんを心配し親御さんが無料相談に
こられました。その後、娘さんを連れて来られ、正式に入会となり
活動をはじめられました。しかし娘さんは当初、結婚する気持ちは
あるものの結婚相談所にお世話になるということに相当抵抗があり
でも親御さんの心配な気持ちも分かるし、板挟みの中かなり悩まれ
涙を浮かべながら入会の書類を書いたそうです(>_<)そういう経緯
で入会されスタ-トした彼女。感じのいい可愛らしい女性なので、
男性からのお申込みも多く、お見合いもこなしていましたが、まだ
ギヤが完全に入っていない状態で、中々うまくいきませんでした。
根が真面目な彼女ですので真剣に考えすぎてしまうこともしばしば。
「私は本当に結婚したいのか?」「私の本当の理想希望って何?」
「私は結婚できないかも、向いてないかも、、、」もう自分自身が
わからなくなった時もありました。その度に色々と話をしました。
3時間、4時間と話し込むことも。。。。。そんな彼女も逆転HR!
大きな幸せを掴みました!すべてが今となってはいい思い出です。
先日も婚約指輪を彼と一緒に選びに行ったと、満面の笑みで話して
くれました。本当に”よかったね~おめでとう!”お幸せに(^^)/

・彼女がなぜ幸せを掴むことができたのか!?その理由はまた次回。
                         ~kilala~

第25章 オ-ラ!?
 ♫恋する女は綺麗さ~♫ 
30年以上前のヒット曲の一節ですが。。。
ほんとにそう思います!
嬉しいことに成婚が続いており、成婚報告に来られた特に女性たちの
表情・雰囲気などが以前と全然違うんです(^^)/
パッと明るく目の輝きが違いますし、すごく綺麗に見えます!
正直に申しまして、最初に相談に来られた時は個人差はありますが
不安や悩みを抱えてらっしゃいますので負のオ-ラといいますか、
マイナスのオ-ラといいますか(^_^;)でも、幸せを掴んだ方々は、
そういうマイナスのオ-ラがまったく有りません。
ほんとに恋する女性たちは綺麗になります!!!
そんな彼女たちから、こちらもプラスの幸せパワ-をたくさん
もらっています!(^^)! ~kilala~

第24章 マル2◎
先日、娘さんの相談に来られたお母様。離婚され実家に戻ってきたとのこと。
「恥ずかしい、恥ずかしい」と何度も言われていました。ご近所さんの目が
気になる。世間体が、、、と。半分引きこもりみたいに周囲の目を気にして
生活されている様子。お気持ちはわからないではないですが。。。
別に犯罪を犯した訳ではありません。3組に1組が離婚しているといわれる現代。
珍しいことではありませんし、そこまで「恥」と思うことはないでしょう。
確かに失敗かもしれません。離婚という現実をしっかりと受けとめることも
必要でしょう。でも大事なのはこれからで、今後幸せを掴むことができれば、
それはもう失敗ではありません。うちの会員さんも再婚の方は多くおられます。
直近で成婚された会員さんも再婚でお子さんもおられる方でした。
もうバツ1ではなく、”マル2”◎です!!(^^)/
再婚の方は”マル2”◎を目指して1歩を踏み出しましょう! ~kilala~

第23章 ご縁②
先日めでたく入籍された会員さんが言われていました。
「ほんとにご縁って不思議なものですね」
「色々とお相手に求める条件があり、お見合いも
 たくさんしてきましたが、結局パ-トナ-と
 なった方は元々の希望とはかけ離れた男性」
「当初、条件に縛られていた私は何だったんでしょう(^_^;)」

そうですね。希望や条件はあって当然。でも条件に
縛られ過ぎて確率を低くすることもあります。
実際会ってみたら意気投合して、条件なんてどうでも
よくなったといわれる方も多々おられます。
好きになった方がタイプ!ってところですかね! ~kilala~

第23章 ご縁
昨日、40代の女性会員さんから連絡がありました。
「結婚が決まりました!!」と(^^)/
毎回、成婚の報告がある度に私たちも最高の気分になります!(^^)!
この女性、けして順調だったわけではありません。入会から丸3年、
10回以上のお見合いを経て幸せを掴まれました!
時間がかかった分、喜びも大きいようです。
あきらめずに歩き続け、素晴らしいお相手と出会い、そして成婚!
      ~何もしなければ、何も始まらない~
勇気を出して1歩を踏み出し、諦めずに信じてしっかりと1歩1歩。
「あきらめたらそこで試合終了」 これぞ「ご縁」です。~kilala~

第23章 姿勢
嬉しいことに多くのカップルが成立してます(^^)/
入会後すぐに1回目のお見合いでまとまった方。
2年かかってやっとうまくまとまった方。
色んな悩みを抱えそれを乗り越えまとまった方。
皆さん色々ですが一様に言えることは、活動するに
あたっての ”姿勢” がいいということです。
謙虚に真摯に歩く方というのはやはり良い結果が
出ます。絶対ということは言えませんし、すぐに
結果がでる方もいれば時間がかかる方様々ですが、
しっかりと歩く方は流れがきますし確率が上がります。
それは間違いありません。
よくスポ-ツ等で言われることですが、
「努力したからといって必ず報われるものではない。
でも努力しないと報われない。」 ご縁も一緒です。
遠回りしてもいいと思います。立ち止まってもいい。
後ろを振り返ってもいい。でも後戻りしないように。
さぁ、まだ一歩踏み出すのをためらっている方々は、
勇気を出して踏み出してみましょう!(^^)! ~kilala~

第22章 視点・視野
お見合いで出会う異性。もちろん初対面です。
例えば、真面目でちょっと大人しめの男性だとします。
ある方向からみたら、真面目で誠実な男性と見えます。
でも逆の方向から見たら、面白味がなく物足りない。
どの角度から見るかによって、印象は変わってきます。
もちろん第一印象は大事ですし、だらしのない恰好や
失礼な言動は ですが、お見合いという場での緊張等
も考慮して、第一印象だけで一方的な方向からお相手
を見るのではなく、視野を広げ、視点を変え、色んな
角度からお相手を見て判断することができれば、より
よくお相手をわかることができると思います。
実際にこれを実践して、印象が変わった!こんな面も
あったのか!などと今まで見えなかったものが色々と
見えてきて、うまくまとまられたカップルも多いです。
成就への秘訣のひとつです(^_^)/  ~kilala~

第21章 普通!?
よく女性の方が言われること、、、「普通の人がいいです」
「これといって相手に求める条件はありません。普通の方であれば」などなど。。。
普通の人・ふ・つ・う。。。どんな方なんでしょう(・.・)
年収500万円以上の男性が普通と思っている女性もいるでしょうし、大卒の男性が
普通と思っている女性もいらっしゃるでしょう。
そこに10人おられれば10通りの「普通」があります。
ギャンブル・お酒など嗜む程度ではなく中毒に近い方や女性に暴力をふるう方、また
浮気症な方やコロコロと仕事を変えたり定職に就かれていない方。わたしは、こういう方を
結婚相手としては「普通」ではないという認識を持っています。
でも、よくよく聞いてみると言われる「普通」の中身はそうではないようです。
たとえば、ご自身が年収400万円だとしたら相手はそれ以上。大卒であれば相手は
大卒以上。身長も自分より高く、車も自分よりいい車 etc。。。
すべて自分より、あるいは過去にお付き合いした方より高いレベルを求められてます。
それにプラス、外見&雰囲気&人柄。あと趣味が合えばベスト等々。。。
これらをト-タルすると、結構「普通」とは高い条件なのではないでしょうか!?
普通の方=勤勉で優しい方をお願いします。と言われることは少ないかもですね。
わたしから見たら皆さん普通なんですが。。。(^_^;)~kilala~

第20章 できちゃった婚
最近では「でき婚」「おめでた婚」「授かり婚」等々色々な言い方があるみたいです。
現在4組に1組ができちゃった婚というデ-タがあります。そして、このできちゃった婚で
結婚したカップルの4割超が離婚しているというデ-タも。。。
個人個人考えもあるので良い悪いはなんとも言えません。
数か月で結婚しようが、10年付き合って結婚しようが、結婚生活がうまくいくところもあれば
別れるところもあり様々です。要はきっかけではなく過程(結婚生活)が重要です。
全く異なった環境で生まれ育った男女が、長い年月同じ屋根の下で家族として生活していく。
互いの家族の存在もあります。新しい命が誕生したり、仕事もどうなるか等々人生先々何があるか
何が起こるか分かりません。そんな山谷を共に歩んでいかないといけないのです。
お互いを思いやり、助け合い進んでいく!これができるかどうかが、結婚生活を持続させて
いけるか否かになると思います。夫婦喧嘩は大いに結構、うちはいつもですよ(^_^;)
ちなみにこういう結婚後のアドバイスも数多くしているので、"きらら"はもちろん、は-と2グル-プ
で成婚されたカップルで離婚された方々は今までおられません。
みなさん順調に幸せな結婚生活を送られています!(^^)! ~kilala~

第19章 専業主婦
厚労省が公表した意識調査の記事を見つけました。
専業主婦になりたいか?専業主婦になってほしいか?という質問に対して
15歳~39歳の独身の男女3千人余りから回答があった結果、、、
独身女性3人に1人「結婚したら自分は専業主婦になりたい」という回答。
独身男性5人に1人「結婚したら相手は専業主婦になってほしい」という回答でした。
うちの会員さんでいうと、男性陣はこの調査結果(5人に1人)と同じくらいかなと思います。
しかし、女性陣は結婚後も仕事を続けたい又はパ-トでもいいから働きたいという女性が
多いです。男女ともに5人に1人の割合というところですかね。
ただひとつ言えることは、専業主婦となるとそれなりに旦那さんの収入も必要となります。
日本の平均年収は442万円(平均年齢33歳)という結果が出ています。でも都市部と地方では
また違いもあるでしょうし。
専業主婦がいい・悪いは言えませんし、実際働いても専業主婦でも幸せな結婚生活を送るため
には互いの思いやりや理解が必須です(^^)/ ~kilala~

第18章 条件
 まさに!という、おもしろいランキングを見つけました(^o^)
「結婚してみたらどうでもよかった結婚相手の条件」ランキング!!
     ①位-顔が良い
     ②位-背が高い
     ③位-家柄が良い
     ③位-若く見える
     ⑤位-スタイルが良い
     ⑥位-声がかっこいい/かわいい
     ⑦位-若い
     ⑧位-友達が多い
     ⑨位-大手企業に勤めている
     ⑩位-まめに連絡をくれる
いかがですか!?
条件ばかりを気にする方も多いですね。確かに気にはなるでしょうが、一番大事なのは「人柄」です!上記のランキングは全てオプションですね。人柄、中身、性格、、、ではなくオプションばかりを気にする方は、うまくいく確率が下がります。どうか、しっかりと中身を見ていただきたいです!!! ~kilala~

第17章 吉報
 立て続けに吉報が届きました!(^^)!
・結婚式を無事に終えました! ・待望の赤ちゃんを授かりました! ・仕事の都合で延びていた新婚旅行に行って来ました! 等々喜ばしい限りです!! 「ありがとうございました。」という言葉を言っていただきますが、皆さん真剣に結婚したいというお気持ちを持ち、真摯に誠実に取り組まれた結果です。今後ともお幸せに(^_-) ~kilala~

第16章 怖さ
 以前に考えすぎはよくない、ある意味考えないこともうまくいく秘訣だと書きましたが、最近も多いですね、考えすぎる方。先日もある女性とお話しましたが、この歳まで独身だったから絶対離婚したくない・相手の両親(特に母親)との関係が不安・相手の仕事が不安(倒産しないか、賃金が減らないか)etc・・・キリがありません。結婚した時点でだれもが”離婚”の2文字を背負います。離婚しようと思って結婚する人はいません。絶対に離婚しない方法はただ一つ、結婚しないことだけです(^_^;)仮に完璧な相手を見つけた!としても、その相手との相性や結婚後うまくいくかの保証なんてありません。先の事は誰もわからない。当たり前のことでわかってはいるんでしょうが、怖いんです(*_*)このままじゃ結婚は出来ません。何回お見合いしたとしてもうまくいかないでしょう。結婚前、少なからずこういう不安はあるかも知れません。でもいくら考えても答えはありません。見つかりません。結婚後2人で努力し助け合い、互いを高めあって頑張って行くことが大事だと思いますし、それに尽きるでしょう。~kilala~

第15章 壁を乗り越え
 先日、結婚の報告に来られた1組のカップル。大きな壁を乗り越えてここまでたどり着いた二人です。男性の職業や収入、家庭環境等々総合的に見て、女性のご両親が結婚に猛反対でした。うちに「別れさせてください」と電話があったくらい・・・でも二人の気持ちはひとつで別れるつもりは毛頭ありません。ある時彼女が相談に来て「親と縁を切ってもいい、家を出る」と言いました。どうしてもOKを出してもらえないのなら、それもひとつの手段かもしれません。でも私たちはそれには反対しました。話を聞いていると、どうも彼女とご両親の親子関係・コミュニケ-ションが不足していると感じました。飛び出るのは簡単ですが、やっぱり祝福されて結婚したほうがいいに決まってます。「まずはご両親との会話を増やし、ちょっとずつでもいいから理解を得られるように、少し時間をかけて頑張ってみたら」とアドバイスをしました。その後、交際を続けながら理解を得られるように1年間!頑張りました!!やっとこの度、ご両親もOKを出されたそうです。男性の誠実さ、人柄の良さも理解されたのでしょう。色々とあっただけに私たちも喜びいっぱいです!(^^)!~kilala~

第14章 パワ-
 婚活には「パワ-」がいります!以前から何年も婚活していて結果が出なかったり・・・お相手から続けてお断りの返事があったり・・・うちの会員さんの中にもたまに「ちょっと疲れたので少し活動をお休みします」と言われる方がおられます。女性の方が多いですかね。中々うまくいかない時はどうしても前向きになれないもの。一旦立ち止まり見つめ直すのもいいと思います。ずっと立ち止まったままじゃいけませんが(^_^;)新たな気持ちで活動再開され、うまくいかれた方もおられます。~kilala~

第13章 変化
 初めて面談した時、その男性は目を合わさず下を向き、いかにも自分に自信がありません。。。という雰囲気の男性でした。先日、結婚式の日取りが決まりましたと報告に来られました。その姿は初対面の時とはまるで別人(*^_^*)上を向きしっかりと目を見て、「幸せになります!!」と。何度もお話をさせていただき、お見合い→交際と進んでいく中で、彼は成婚と成長を手に入れたと思います!!!~kilala~

第12章 中身
 「すごく真面目で一生懸命仕事に精を出され、抜群に人柄がいい男性。こういう方と結婚したら、穏やかな結婚生活が送れるだろうと思える男性です」これだけなら会いたいと思う女性は多いでしょう。しかし、年齢52歳・初婚・農家・ご両親と同居・ご自宅は山手の方。これを聞くと残念ながら多くの女性は敬遠されます。条件が悪いと・・・。でもご縁はいつあるかわかりません。時間がかかったとしても、諦めずに前向きに一歩ずつ!今、この男性はお見合いがうまくまとまり、交際されています。お相手の女性はナント!ひと回り以上離れた30代後半の女性!!どれだけ条件が良くても、どれだけ年収が高くても、うまくいかない方もおられます。たしかに結婚するにあたって、お相手の条件というのは大事でしょう。でもいくら外観が良くてたくさんのオプションが付いている車でも、エンジンがしっかりしていなければ、長く走れません。長い結婚生活、やっぱり最後は人柄です。そう改めて思いました。このまま結婚に向けて、私たちも懸命にサポートしようと思います。ガンバレ~(^O^)/~kilala~

第11章 後悔先に立たず
 縁あって、お見合いや交際までいったのに「お相手の方に不満はないけど、もっといい方がいるかも」「もっといい条件の方がいるかも」という考えで、自分からお断りされる方がいらっしゃいます。そういう方は後々「今になって思えば、○○さんが一番良かった」「もう一度、○○さんと会えませんか」などなど。。。言ってこられます (*_*) ”もっともっと”ではなく、いま目の前にいるお相手をしっかりと見て、この縁を大事にという思いで、お見合い・交際に臨むことが大事です。~kilala~

第10章 ○共通点×
 たくさんの方と話をさせてもらって見てみますと・うまくいかれる方・中々うまくいかない方、にはいくつかの共通点があります。①現実をしっかり受け止めていること②聞く耳をもっていること③謙虚さをもっていること。この3つを持たれている方はうまくいかれる可能性が高いです(^O^)/現実を受け止め”このままじゃいけない、一歩踏み出して何かを変えなければ”という気持ちをもっていらっしゃる方は、聞く耳をもってらっしゃいますし、謙虚さを持ち合わせています。反面「昔はもてていました」など過去の栄光を自慢げに言われる方もおられます(*_*)大事なのは今です。相談所にお願いするということが恥ずかしいのか認めたくないのか、変なプライドがあるのかも。。。自分の価値観を曲げない頑固さや条件だけを気にする姿勢。また、知り合っても知り合っても「もっと良い条件の人がいるかも」と考える方もうまくいかない方に多い特長です。~kilala~

第9章 考えすぎ
 喜ばしいことに、成婚が続いています(^O^)/最近は、お見合いがうまくいき交際に入られたり、成婚が決まった方々は20代、30代の方が多い傾向ですね。何故か!?ただ単純に若いから!ではないようです。若い方はいい意味で”考えない”からだと思います。考えないというと語弊があるかも知れませんが、要するに勢いがあるということです。少し自分の希望・理想・条件と違っていても、会えるなら実際にお会いして判断したいと一歩を踏み出すことが多いです。この一歩の判断、スピードが早いです。これがうまくいく一つの要因ではないでしょうか。反面、40代~50代~の方々は、「ここの条件が違う」「ここがこうだったら、将来的にこうなるかも」等々すごく考え悩まれます。年齢を重ねるごとに、人生経験を積まれているわけですから、仕事にしろ私生活にしろ、若い頃に比べてよく考えるようになるのは、当然だと思いますし悪いことではないと思いますが、考えすぎて自分の頭の中だけで、シミュレ-ション。それがマイナスの方向で。。。そういう方が多いですね。実際に会わないと先に進めません。結婚という大事なことですが「考えすぎない」こともうまくいく秘訣の一つだと思います!~kilala~

第8章 成就
 いま27歳の男性会員さんが、お見合いがうまくいき、交際に入られています。先日も福岡にデートに行ったと報告がありました(^O^)/収入はちょっと少ないけど、仕事も誇りをもって頑張ってらっしゃいます。 ほんと素直で何事にも一生懸命。歳は若いけど、見習うところが多い男性です。ぜひ幸せになってほしいと思います!このまま桜が咲くことを信じてます。~kilala~

第7章 現実
 誰もが理想の相手と結婚したい!これは当たり前の感情だと思いますが、100%により近い相手をとなると、中々そう運命の相手を見つけるのは容易ではありません。 100%の相手と結婚するより、お互い理想の60~70%くらいの相手と結婚する方がうまくいくと思います。100だと結婚後、「結婚前は違った(結婚後変わった)」などとマイナスになることが多いと思います。 お互い違う環境で生まれ育った、もともと赤の他人だった2人がひとつ屋根の下で生活していくのだから、違って当たり前。 だからこそ2人で新しいルールを決めて、理想の家庭を築いていく。それが結婚だと思います。2人で力を合わせて60、70%を100%により近付けていくように努力していく。 これが円満な家庭(夫婦)への道ではないでしょうか。自分本位で相手に理想を押し付けるばかりではなく、自分だけが相手を選んでいるわけではない、 自分も相手に選ばれているんだという現実をしっかりと認識し、お互い謙虚さを持ってお見合い・交際されることが、成婚への近道です。 うまく行かれる方は、こういう気持ちを持ってらっしゃる方が多いです!~Kilala~

第6章 巡り合い
 先日、63歳の男性と48歳の女性とのお見合いが成立し、お付き合いが始まりました。歳の差は15歳ありますが、お二人とも新たな一歩を踏み出されました。 希望通りの方と巡り合い、お互いが気に入れば最高ですが、現実は100%自分の希望通りのお相手はいらっしゃらないのが現実です。 それは、お見合いだけではなく、通常の恋愛でもそうではないでしょうか。徹底して自分の希望通りの方をという方もいらっしゃいますが、実際に会ってみないとわからない事も多いですし、 もしかしたら運命のパートナーを素通りしているかもしれません。十人十色というように、人は一人ひとり違うものです。 違う環境で生まれ育った男女が、互いに新しいルールを作り上げていくのが結婚だと思います。一方の価値観だけを無理に押し通してもうまくいかないものだと思います。 今回のお二人は、プロフィールだけ見たら、互いの希望とは少し違うけれど、自分の理想ばっかり押し通していてもチャンスをつかみ損ねるので、とにかくお会いできるなら、 一度会ってお話をしてみたいという気持ちを持ってらっしゃいました。このご縁を大切にしたいというお二人。このままゴールインするのを願っています!~Kilala~

第5章 謙虚さ
 お見合いが成功して交際されたり、成婚までいかれる会員さんたちに共通して言えることは、皆さん”謙虚さ”を持っているということです。 先日もバツ1の男性と4つ年上の初婚の女性のカップルが誕生し、順調にお付き合いをされています。 「僕のようにバツ1で収入もそんなに多くない男でもいいと言ってくださるなら」「4つも年上の私なんかでよろしければ」こういう謙虚さを持つことが成功への秘訣だと思います。 けして妥協とは違います。謙虚さ=妥協ではありません。妥協とは、上から目線でお相手を見るということです。 お相手のいいところを見つけようという見方をしたり、この縁を大切にしなきゃという思いが謙虚さです。上からではなく、同じ目線で。少し目線を下げることで成婚への可能性が広がるように思います。~kilala~

第4章 親心
 最近は本当に親御さんからの相談が多いです。半数は心底、心配されている親御さんからの相談です。 「夜も中々寝れない」「死ぬまでに孫の顔が見たい」等々。。。結婚は親のためにするものではないですが、やはり親御さんを安心させたい。 それも親孝行のひとつだと思います。結婚はいろいろと大変なこともあるでしょうが、結婚の良さをわかってらっしゃるのも長年結婚生活を送られてきた親御さんです。 切実な親御さんの話を聞くたびに、親御さんのためにも、成婚に向けて私たちも会員さんと一緒になって頑張らないと、と日々思っています。~kilala~

第3章 時期
 いろんな年代の方とお話をさせていただいてますが、人それぞれ時期の違いはあるものの、40代の方や50歳を超えた方々が言われるのは、 男女問わず多くの方が「どうせ出会いもないし、私なんか結婚できないだろう」「収入もあるし自由だし、一人でも十分生活できる」と結婚をあきらめる時期があるみたいです。 でも、風邪をひいて寝込んだり、ケガ等で入院したりした時に「これから年をとっていく上でやっぱり一人は不安。 親もいつまで元気でいるかわからないし」「もっと早く動いておけばよかったのですが・・・」と言われる方が多いです。~kilala~

第2章 老若男女
 本当に幅広い年代の方が相談に来られます。最高齢は73歳! いくつになっても結婚したいという気持ちはかわりません。 隣にパートナーがいる安心感がほしいという想いと、これから ずっと一人でいることへの不安。。。 東日本震災後、考えが変わった方も多くいらっしゃいます。~ kilala~

第1章 踏み出す勇気
 皆さんやっぱり結婚相談所というと”恥ずかしい” ”行きづらい”という思いがあって「電話をかけるまで何ヶ月も考えてやっとのことで 相談に至りました」という方も多いです。でもまわりに大きな声で言わないだけで、本当に多くの方が相談されたり、入会されたりしています。 電話をかけたり、無料相談に来られたり。その時点で、もうすでに一歩を踏み出していますよ。 勇気を出して踏み出したその一歩で可能性は無限に広がります! 私たちは、結婚相談所が”恥ずかしくない” ”当たり前の出会いの形のひとつ”となるように、日々努力していきたいと思っています。~kilala~